見る・遊ぶ 買う 学ぶ・知る

ポレポレ東中野でドキュメンタリー映画「マンガをはみだした男 赤塚不二夫」上映

タモリさん(左)と赤塚不二夫さん(写真提供=國玉照雄さん)

タモリさん(左)と赤塚不二夫さん(写真提供=國玉照雄さん)

  •  
  •  

 東中野の映画館「ポレポレ東中野」(中野区東中野4)で4月30日から、漫画家・赤塚不二夫さんの半生を描いた映画「マンガをはみだした男 赤塚不二夫」が上映される。

若き日の赤塚不二夫さん

 同作品は、「天才バカボン」「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」など数々の作品を世に送り出し、2008年に72歳でこの世を去った国民的漫画家、赤塚さんの生誕80周年を記念したドキュメンタリー。作品以上に型破りで知られた赤塚さんの人生を、アニメーションを軸に、本人の肉声や赤塚を知るさまざまな関係者の証言、秘蔵写真、プライベート映像などで再構築した。監督は「ローリング」の冨永昌敬さん。出演は赤塚さんのほか、青木こずえさん、赤塚りえ子さん、足立正生さん、荒木経惟さんら。エンディング曲はタモリさんが歌う。

[広告]

 上映初日の13時の回上映後にはトークイベントも予定し、冨永監督ほか、坂本雅司プロデューサー、2Dアニメーション担当の室井オレンジさんが登壇する。ゴールデンウイーク期間中は、日替わりでトークイベントを開催。赤塚さんに最も愛され信頼された当時の編集担当である武居俊樹さん、漫画家しりあがり寿さん、作家・コラムニストの泉麻人さん、「でんぱ組.inc」のプロデューサー福嶋麻衣子さんらが登壇予定で、司会進行は坂本プロデューサーが務める。

 公開に併せ、同作品にも登場するグラフィックデザイナー祖父江慎さんデザインの64ページのパンフレット(1,000円)や、同作品の音楽を担当したU-zhaanさんや蓮沼執太さんによる赤塚キャラクターの特製メンコ付きオリジナルサウンドトラック(1,800円)も発売する。

 入場料金は、一般=1,800円、大学生・専門学生・シニア=1,300円、高校生以下=700円ほか。上映時間やトークショーの詳細は同館ホームページで確認できる。上映期間は未定。

  • はてなブックマークに追加