天気予報

30

22

みん経トピックス

中野・沼袋に多国籍料理新店中野区各所で節分行事

トムスが「ルパン三世」シリーズ初の浮世絵を発表 日本の職人技術集め制作

トムスが「ルパン三世」シリーズ初の浮世絵を発表 日本の職人技術集め制作

ルパン三世(c)モンキー・パンチ/TMS・NTV

写真を拡大 地図を拡大

 アニメ制作プロダクション「トムス・エンタテインメント」(中野区中野3、TEL 03-6382-6259)は1月29日、2月3日~8日に「伊勢丹」新宿店(新宿区新宿3)本館7階催物場で開催するルパン三世特別企画「LUPINISSIMO IN ISETAN 2016」でシリーズ初の浮世絵を先行販売すると発表した。

逃走する「ルパン」一行と、彼らを追う銭形警部(c)モンキー・パンチ/TMS・NTV

 同社によると、アニメ「ルパン三世」をモチーフとした浮世絵制作の試みは今回が初めて。同浮世絵は、伝統の木版印刷技術を受け継ぐ「竹笹堂」(京都市京都市下京区)が制作したもの。イラストに添えた各キャラクターの名前は、ウイスキーや大河ドラマの題字などを手掛けた荻野丹雪さんの書。和紙は人間国宝の九代目・岩野市兵衛さんの漉(す)いた越前和紙を使う。

 浮世絵の種類は、キャラクターごとに描かれている「大判」(各6万4,800円、サイズ340×200ミリ)、大判5枚を並べた「大判5枚セット」(54万円)、「特判」(16万2,000円、サイズ340×520ミリ)の3種類。

 「大判」では、普段洋装の「ルパン」や「次元」らが浮世絵に見合った和装姿となっており、「特判」では、水の都ベネチアで「お宝」を舟に乗せて逃走する「ルパン」一行と、それを追う「銭形警部」の様子が描かれており、ルパンの世界と和が融合した絵柄となっているという。アニメの主要キャラクター5人がセットになった大判5枚セットには、原作者のモンキー・パンチさん直筆サインが入る。

 企画展の開催時間は10時30分~20時(最終日は18時まで)。詳細は特設ウェブサイトで確認できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

中野BWで「何者からかの手紙」50号記念イベント 「火星からの切手」進呈も。イベント中に数量限定で進呈する「火星と地球を結ぶ切手」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング