食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

「国産マッチョ」に会える季節イベント「マッチョカフェ」、中野で毎月開催へ

10月23日開催時の様子

10月23日開催時の様子

  • 0

  •  

 JR中野区北口のイベントスペース「nakano f(ナカノエフ)」(中野区中野5、TEL 03-6276-3917)で10月23日に開催された「マッチョカフェ」を皮切りに、同企画が中野で毎月開催される。主催は「お姫様抱っこ協会」とイベント企画を行う「ハイ」(渋谷区)。

(関連フォト)「パンケー筋」はマッチョがホイップクリームを力いっぱい絞ってくれる

 同企画は昨年4月に同地で初開催し、中野区での開催は10月23日の開催も入れて過去4回。これまでは不定期に開催していたが、「マッチョに会いたいけどスケジュールが合わない」「大型連休には別に予定が入っているので残念」などの声が「プロテ員」と呼ばれるファンから上がっていたことに応え、10月から同会場での毎月開催に踏み切ったという。

[広告]

 「マッチョを身近に感じることのできるカフェ」がコンセプトで、ウエーターは、お笑いグループ「超新塾」のメンバー・コアラ小嵐さんや「マッチョ大佐」こと今井耕二さんら19歳から41歳までの「厳選された国産マッチョ」にこだわった「マッチョ29(トゥエンティーナイン)」メンバーのうち、毎月数人が担当する。トレーニング方法や日常の過ごし方などを聞きながら、マッチョが考案した特別なカフェメニューを楽しむことができる。

 メニューは、マッチョがホイップクリームを力いっぱい絞ってくれる「パンケー筋」(1,500円)や「マッチョ一番搾り」(750円)などのカフェメニューのほか、「肉の壁」(4,000円)、「オリバーポーズ」(無料)など、マッチョたちの筋肉を堪能できるメニュー17種類ほどを提供する。

 「日本お姫様だっこ協会」の鈴木秀尚会長は「がたいのいいマッチョから、若いマッチョ、パキパキのマッチョまで、さまざまな好みに対応している。マッチョに興味があるけど勇気がない人、スケジュールが合わなかった人に、もっとマッチョを楽しむ機会を提供するつもり」と話す。

 同会場での今後のスケジュールは、10月30日、11月12日、12月10日、来年1月7日、2月5日を予定している。

Stay at Home