食べる 暮らす・働く

東中野にラーメン新店 清湯系スープで「岩塩」「白しょうゆ」にこだわり、日本酒も

店主お薦めの「Ra-men 白醤油」

店主お薦めの「Ra-men 白醤油」

  •  
  •  

 JR東中野駅東南口すぐの交差点近くに5月16日、ラーメン店「メンドコロKinari(きなり)」(中野区東中野1、TEL 03-6279-1273)がオープンした。

(関連フォト)「メンドコロKinari」外観

 2015年6月16日に駒込にオープンした「麺処きなり」が今年3月末に閉店した「bistro trios trios 33(ビストロトワトワ)」跡に移転し、リニューアルオープンした形。「トワトワ」店主の越川一彦さんと「きなり」店主の土橋(どばし)健司さんが意気投合。越川さんは「きなり」でラーメン作りやなどの修業を重ねて、土橋さんと共同作業でオープンにこぎ着けたという。席数は、カウンター5席、テーブル10席。

[広告]

 ラーメンメニューは、煮干しと鶏ベースで白しょうゆ味の「Ra-men 白醤油」、煮干しベースに岩塩やサフランを加えた「Ra-men 汐(しお)」、煮干しベースにこいくちしょうゆを加えた「Ra-men 濃口醤油」(以上780円)のほか、現在つけ麺も開発中という。具材は、穂先メンマ、のり、三つ葉と、豚肩ロースと鶏むね肉の2種類のチャーシュー。

 そのほか、「炊き込みご飯」(200円)、「ハートランド中ビン」や「サッポロ赤星中ビン」(以上550円)などのビール類、ビールテイストのノンアルコールドリンクのほか、「奥の松」「八海山」やスパークリング日本酒などの日本酒類も用意する。

 越川さんは「多くのファンに支えられていたトワトワはなくなってしまったが、この場所にまた自分のお店が持てて感謝している。自分が感動した『きなり』の味をさらにパワーアップして皆さんに届けられる喜びを実感している。この場所で再び、地域の皆さまに接することができてうれしい。決して今はやりのこってり系ではないが、自慢のラーメンをぜひ試してみてほしい」と話す。

 営業時間は、昼=11時30分~15時、夜=18時~22時。水曜定休。

SmartNews Awards 2019