見る・遊ぶ 買う

中野「墓場の画廊」で「デビルマン」連載45周年イベント 190センチフィギュアも

全高約190センチメートルの造形工房・密林社製「デビルマン」フィギュア ©永井豪/ダイナミック企画/東映アニメーション

全高約190センチメートルの造形工房・密林社製「デビルマン」フィギュア ©永井豪/ダイナミック企画/東映アニメーション

  •  
  •  

 中野ブロードウェイ(中野区中野5)3階「墓場の画廊」で6月21日、「デビルマン」誕生45周年記念展「墓場の黙示録」展が始まった。

(関連フォト)シカルナ工房社製クリアグリーンソフビ「デビルマン」

 「悪魔をヒーローとした作品」として「週刊少年マガジン」で1972(昭和47)年6月11日号から全53話で連載された漫画家・永井豪さんの作品「デビルマン」誕生45周年を記念した同イベント。永井さんの劇画タッチではなく、スタイリッシュかつ現代的なデザインで生まれ変わった最新作「DEVILMAN crybaby」の-ray発売記念も兼ねている。

[広告]

 イベントでは、「デビルマン」ワールドの旧約といえる「漫画原作版」と、新約「crybaby」の関連商品、どちらの魅力も伝えるという。それぞれのグラフィックを引用したオリジナルグッズの販売や、著名クリエイターによる限定フィギュアなども展示予定。主人公・不動明の着ている黄色地に「A」マークのあるTシャツや、190センチの「デビルマン」(34万8,000円)も展示販売する。

 同画廊代表の佐山有史さんは「原作から最新作まで完全網羅したデビルマンワールドを惜しむことなく堪能できる企画展。人気のソフビやこだわりのアパレルラインまで、関連商品も期待してほしい」と話す。

 開催時間は12時~20時(土曜・日曜・祝日は11時~)。7月10日まで。

  • はてなブックマークに追加