見る・遊ぶ

東中野のバー「驢馬駱駝」で沖縄女性ユニットがライブ 琉球や八重山諸島の歌ベースに

「Milk(弥勒)」の木村恵さん(左)と真田弥生さん(右)

「Milk(弥勒)」の木村恵さん(左)と真田弥生さん(右)

  •  

 JR東中野駅西口近くのパオコンパウンドビル(中野区東中野2)9階のバー「驢馬駱駝(ろまらくだ)」(TEL 03-3366-1310)で10月3日、沖縄ユニット「Milk(弥勒)」がライブを行う。

(関連フォト)イベントポスター

 「Milk(弥勒)」はYayoこと唄三線の真田弥生さんとmeguことピアノ・コーラスの木村恵さんによる女性2人組の沖縄ユニットで、2013年に活動を開始。オリジナル曲、琉球や八重山諸島の歌や民謡をベースに独自にアレンジした曲を中心に「平和で豊かな弥勒世(みるくゆ)の世界観を作る」ことをテーマとしている。ユニット名の「みるく=弥勒」は、海の向こうのはるか彼方、ニライカナイという楽園からやって来て平和で豊かな世の中をもたらすといわれている沖縄の神様から命名したという。

[広告]

 同ユニットが同バーでライブを行うのは2度目。今回のテーマは「豊穣の祈り」と題し、稔りを祝い、来夏世の豊穣を祈ることをイメージし、「美しく豊かな地球の恵みを未来の子どもたちに手渡したい」という思いで届けるという。ゲストに八重山舞踊の米盛美智子さんを招き、「豊穣の八重山を感じてもらう」とも。

 20時開演。料金は2,000円(要別途ワンオーダー)。