食べる

中野四季の森公園で「餃子フェス」 ギョーザの魅力発信、テーマは「肉汁」

中野四季の森公園での初開催時の様子(2016年)

中野四季の森公園での初開催時の様子(2016年)

  •  

 中野四季の森公園(中野区中野4)で10月31日から5日間、「餃子(ギョーザ)フェス」が開催される。主催はAATJとニッポン放送。

(関連フォト)会場は中野四季の森公園

 2016年10月に同地で初開催し、これまで累計69万人以上を動員したと言われている同フェス。今年は「肉汁」をテーマに、ギョーザ提供ブース12カ所と、チャーハンや酒類などのドリンクブースなど8カ所が登場する。

[広告]

 参加店とギョーザメニューは、「宇都宮餃子館の「肉汁健太餃子」、「花林糖餃子」の「肉汁たっぷり!エビ蒸し餃子」、「鼎's(Din's)」の「羽根つき焼小籠包」、「WASH1N-TOKYO」の「ちょい辛!ミンチたっぷりジューシー麻婆餃子」、近江牛ギョーザ「包王」の「肉大盛 近江牛餃子」、「餃子の宮でんでん」の「胡麻担々大肉汁スープ餃子」、「餃子×バル ちびすけバル」の「コラーゲン入り肉汁ねぎ塩焼餃子」、ギョーザとワイン「果皮と餡(あん)」の「北海道産牛の濃厚味噌バター牛カツ餃子」、ギョーザ専門店「福吉」京都本店の「肉フロマージュ餃子」、「肉玉そば おとど×浅草開化楼」の「東京名物肉汁おとど餃子」のほか、中野区内にも数店舗ある「肉汁餃子製作所ダンダダン酒場」の「東京手羽餃子」、同じく同区内にあり初参加の「餃子バルぴこれ」の「桜エビとホタテの濃厚ホワイト泡餃子」。

 ドリンクメニューは、「hokkaido brewing」の北海道余市産の洋梨と蜂蜜などを使った同フェス会場限定「ラ・フランスハニー」、「コエドブルワリー」の「毬花」のほか、「コスモポリタンディーバ」の「天使の羽根のスパークリング」、「サングリア」専門ブース、「コスモポリタンディーバ」やソフトドリンクなどを提供。「芋屋 種子島」の「バター焼き安納芋&ミルクアイス」、「アイスブリュレクレープ」の「生キャラメルソフト ブリュレクレープ」などのスイーツのほか、チャーハンも提供される。

 開催時間は11時~21時(初日は12時~、土曜・日曜は10時~)。入場無料。食券は1枚600円で、電子マネー利用可。ローソンチケットやヤフーパスマーケットで取り扱う。