食べる

中野3丁目子宝公園近くにキッズカフェ 起業家による空き家活用モデル事業

キッズカフェ「ゆくる」(外観)

キッズカフェ「ゆくる」(外観)

  •  

 桃園川緑道北側の子宝公園近くに10月20日、親子で楽しめるカフェ「Kids Cafe yukuru(キッズカフェゆくる)」(中野区中野3、TEL 080-5020-2004)がオープンした。

(関連フォト)子ども向けメニュー「キッズプレート」(一例)

 自らも乳児の子育てをしている渡辺恵里さんが、「親の時間」「子どもの時間」「親子の空間」を大事にし、「子どもが安全に遊べる場所、子育て中の親がゆっくり食事ができて、友人との会話を楽しめる場所」をコンセプトとしてオープンした。自分と同じ悩みを持つ育児真っただ中の親子のため、東京都が2018年度から空き家(戸建て住宅)を活用した事業プランを考える起業家を支援するための「起業家による空き家活用モデル事業」に応募し、採択されて実現した。

[広告]

 フードメニューは、ハムとカマンベール・ベーコンとエッグ・エビとブロッコリーが選べる「ホットサンド(ソフトドリンク・サラダ付き)」(800円)、たらこクリームなどの「生パスタ」や「キーマカレー」(以上1,000円、ソフトドリンク・サラダ・スープ付き)などのほか、「ビーフステーキ」や「グリル野菜とジャンボソーセージ」などと、オムライスを中心とした「キッズプレート」なども用意する。

 カフェメニューは、チョコバナナや抹茶アイスなどが選べる「焼きたてワッフル」、「クレーム・ダンジュ」(以上600円)、「バニラアイスクリーム」「抹茶アイスクリーム」(以上300円)などのデザート類。ドリンクメニューは、カフェインレスも用意するコーヒー、ダージリンやゆずの紅茶、ゆずソーダやマンゴージュースなどのソフトドリンク類をはじめ、キッズドリンクや酒類も用意する。

 渡辺さんは「自分が乳幼児を連れて遊びに行ける場所探しに苦労したのでこのような場所を作った。同じように居場所を探している人たちにぜひ利用してほしい」と話す。「屋号の『yukuru』は沖縄の方言で『一休み』という意味。この場所で心身ともに『一休み』してもらえたら」とも。

 営業時間は11時~17時。土曜定休。チャージなし、時間制限なし。