学ぶ・知る

東中野で映画「私はワタシ」 LGBTの生きざま追い、誰も排除しない社会目指す

映画「私はワタシ」に登場する人たち © Get in touch

映画「私はワタシ」に登場する人たち © Get in touch

  •  
  •  

 LGBTの人たちの生きざまなどを描いたドキュメンタリー映画「私はワタシ~over the rainbow~」が12月22日から、東中野の映画館「ポレポレ東中野」(中野区東中野4)で上映される。製作は女優・東ちづるさんが代表を務める一般社団法人Get in touch(東京都港区)。

(関連フォト) 映画「私はワタシ~over the rainbow~」ポスター

 レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーなどの性的マイノリティーを指す「LGBTs」。ピーターさん、はるな愛さん、清貴さんなどの著名人や活動家たち50人にインタビューし、「自分」として生きることを模索し続ける人たちの生きざまを描く。監督は挿入歌「over the rainbow.」やエンディング曲「life is beautiful.」の作詞・作曲も手掛けた増田玄樹さん、プロデューサーやインタビュアーは東ちづるさん、LGBT監修はドラッグクイーン「ベアリーヌ・ド・ピンク」として、またゲイ雑誌「Badi」「G-men」を創刊した編集者としてHIV情報を発信してきた長谷川博史さんが務める。

[広告]

 期間中、上映後には毎回トークイベントが行われる。ゲストは、22日=小川チガさん・小原たかきさん、23日=三ツ矢雄二さん(ナレーション)、東ちづるさん(トーク前にLGBTアニメの上映あり)、24日=名取寛人さん(トーク前にバレエ&映像の上映あり)、25日=モンキー高野さん・松中権さん、26日=杉山文野さん・増田玄樹監督、27日=畑野とまとさん・星野俊樹さん、28日=長谷川博史さん、山縣真矢さん。司会は22日・24日・25日=東さん、23日・26日~28日=石戸さん。

 上映時間は18時50分~。料金は、一般=1,700円、大学生・専門学校生・シニア=1,200円など。今月28日まで。

  • はてなブックマークに追加