学ぶ・知る

中野の街が「アール・ブリュット」に染まる 中野駅周辺の3商店街で作品展示

中野サンモールの天空ギャラリーにお目見えした作品紹介の横断幕

中野サンモールの天空ギャラリーにお目見えした作品紹介の横断幕

  •  
  •  

 JR中野駅周辺で1月25日、「NAKANO街中まるごと美術館! アール・ブリュット ~人の無限の想像力を探求する2019~」が始まった。主催は愛成会(中野区中野5、TEL 03-3387-0082)や商店街らで構成される中野アール・ブリュット実行委員会。

(関連フォト)中野ブロードウェイの階段ギャラリー

 アール・ブリュット(Art Brut)とは「生(き)の芸術」という意味のフランス語で、正規の美術教育や文化潮流とは違い、作者独自の方法・発想で制作された芸術の総称。障がいを抱えるアーティストの芸術も含まれる。

[広告]

 今回は中野駅周辺の「中野サンモール商店街」「中野ブロードウェイ商店街」「中野南口駅前商店街」の3エリアで作品の横断幕などを展示している。

 1月25日には中野サンモールの天空ギャラリーに作品を紹介した横断幕がお目見えしたほか、同月26日には中野ブロードウェイの階段ギャラリーと中野南口駅前商店街の店舗ファサード下に作品ポスターが展示された。

 関連イベントとして、2月17日から4日間、なかのZERO(中野2)本館展示ギャラリーで「アール・ブリュット~創造が示す個のチカラ~」が開催されるほか、2月16日には同施設でインテグレイテッド・ダンス・カンパニー響(Kyo)による「からだを響かせよう!」ワークショップ(要事前申し込み)も開催される。

 「中野サンモール商店街」の展示は2月28日まで、「中野ブロードウェイ商店街」と「中野南口駅前商店街」の展示は3月3日まで。

  • はてなブックマークに追加