暮らす・働く

中野警察署が新庁舎 ソーラーシステムや授乳室、外壁にはピーポくんも

中野警察署新庁舎(外観)

中野警察署新庁舎(外観)

  • 67

  •  

 警視庁中野警察署(中野区中央2、TEL 03-5925-0110)の新庁舎が完成し、11月7日の12時から運用が開始される。

(関連フォト)外壁にはピーポくん

 報道各社向けのお披露目会は10月24日に行われ、報道陣に対して新庁舎の設備などが説明された。新庁舎は地上4階、地下2階建て。延べ床面積は旧庁舎のおよそ3倍の約1万1800平方メートル。太陽光発電を行うソーラーパネル、授乳室、射撃場などの設備があり、庁内は完全バリアフリー化で出入り口の段差や傾斜のない設計となっているという。

[広告]

 庁舎の外壁には、2008(平成20)年2月に完成した東京湾岸警察署と同じく警視庁のマスコットキャラクター「ピーポくん」のファサードもある。