見る・遊ぶ

中野・新井交差点「ケンコー・トキナーギャラリー」で井上嘉代子さん写真展

井上嘉代子さんの作品 ©井上嘉代子

井上嘉代子さんの作品 ©井上嘉代子

  • 13

  •  

 中野通り新井交差点近くのカメラ付属品メーカー大手「ケンコー・トキナー」(中野区中野5、TEL 03-6840-3778)本社のギャラリーで5月26日、写真家・井上嘉代子さんの個展「美sit風景-奏(かなで)-」が始まった。

(関連フォト)今年4月28日に新規開設されたケンコー・トキナーギャラリー

 井上さんは「『美』日本各地の風景を独自の視点で捉え、光と彩で心地良い美しさを表現している。『sit』英語で座る、腰掛ける。作者が撮影に訪れるとまずはゆっくり腰掛けて自分が風景の一部になる。自然をこよなく愛しているからだ。そこにある空気や風を感じ、音を聞き、匂いを嗅ぎ、生き物たちと触れ合う。それから『撮らせてもらいます』と声を掛け撮影を始める。腰掛けた目線は、いつもと違った出会いがあるかもしれない。『美sit(visit)』八ヶ岳を拠点にし、全国を巡り撮影を続けている。訪問先では感謝を忘れず、必ず挨拶もする。その気持ちが被写体も応えてくれるような気がする。作品の前で深呼吸をして、今そこに自分が居る様な...そんな時間をお楽しみいただきたい(原文ママ)」と、メッセージを寄せた。

[広告]

 井上さんは1967(昭和42)年岐阜市生まれ。インテリア・デザイン業界で広告・風景撮影業務に従事。2009(平成21)年、交通事故の後遺症により右上肢の機能を失ったのをきっかけに写真家として独立し、子どものころから愛した八ヶ岳南麓の山梨県清里へ移住した。八ヶ岳を拠点に全国各地で風景、星景、野生動物、鉄道、花火を撮影。現在は企業カレンダー、ポスター、書籍新聞への寄稿、テレビ出演、写真教室、セミナー講師等幅広く活動している。また自身の経験を生かし、障がい者アーティストや作品を撮り続け発信している。

 開催時間は10時~18時。火曜定休。

 ケンコー・トキナーは2011(平成23)年6月、ケンコー社とトキナー社が合併して誕生。2014(平成26)年9月には、新宿区西落合に構えていた本社を中野区に移転し、2015(平成27)年1月5日、本社ビル2階にレンズフィルターやストロボなど3000点以上の製品を展示・販売する直営ショップと来場者が持参したカメラに同社の商品・特殊フィルターを装着してもらい撮影効果を体感できるショールームを兼ねた「ケンコー・トキナーサービスショップ」をオープンした。今年4月28日には「ケンコー・トキナーギャラリー」もオープン。「国際フィルターフォトコンテスト2019 受賞作品展」を開催した。同展は同ギャラリーでの作品展第2弾で、個展としては初の開催となる。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース