学ぶ・知る

発祥の地・中野で「日本つけ麺学会」発足 名誉会長は大勝軒・坂口光男大将

つけ麺発祥の地とされる「大勝軒」(中野区中野3)の「肉入りつけそば」

つけ麺発祥の地とされる「大勝軒」(中野区中野3)の「肉入りつけそば」

  • 148

  •  

 「日本つけ麺学会」の設立総会が11月15日、中野セントラルパーク(中野区中野4)サウス棟の西武信用金庫会議室で開かれる。

(関連フォト)名誉会長の大勝軒・坂口光男大将

[広告]

 つけ麺発祥の地・中野から「つけ麺の美味しさと素晴らしさを世界へ Spreading the Deliciousness and Wonder of Tsukemen to the World.」を合言葉に、6月25日に発足。今年6月19日に中野区観光協会やボランティア有志によって完成した中野区全域が対象の「中野つけ麺MAP」に関わった南雲克雅さんや橋本正太郎さんらメンバー11人で構成する。発起人は「中野つけ麺MAP」のボランティアスタッフだった中野区長の酒井直人さんで、同学会の会長も務める。名誉会長はつけ麺発祥の地とされる「大勝軒」(中野3)大将の坂口光男さん。

 設立総会当日は、酒井会長あいさつ、ビジョンの説明や活動計画、坂口名誉会長による講演「つけ麺の歴史的考察~社会認知の要因~」、つけ麺トークセッションなどを予定し、司会は中野経済新聞の杉山司編集長が務める。総会後には場所を移しての懇親会も予定。

 開催時間は18時30分~。一般参加も、受け付ける。参加費500円。定員は50人。要事前申し込み。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース