見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

中野で「東京エイズウイーク」 映画やライブ、セミナーなどで知識深める4日間

JR中野駅北口にお目見えした横断幕

JR中野駅北口にお目見えした横断幕

  •  
  •  

 「なかのZERO」や「中野区産業振興センター」(以上、中野区中野2)、中野セントラルパーク「コングレスクエア」(中野4)で11月23日から、「TOKYO AIDS WEEKS(東京エイズウイーク) 2017」が開催される。主催はNPO法人「東京レインボープライド」、NPO法人「ぷれいす東京」らで構成する実行委員会。

(関連フォト)キース・へリング制作のメインビジュアル 

 12月1日の「世界エイズデー」に連動した同イベント。日本エイズ学会が中野サンプラザ(中野4)で開かれるため、同区内の施設を会場として、トークショーや映画上映、シンポジウムや講演会、合唱コンサートなど、約20のイベントを4日間で行う。

[広告]

 初日は「なかのZERO」小ホールでオープニングイベントを開く。第70回カンヌ国際映画祭でグランプリ、第90回アカデミー賞外国語映画部門フランス代表に選出され、来年3月に日本で公開予定の映画「BPM(Beats Per Minute)」ジャパンプレミア特別試写会とトークショーを行う。

 2日目は同ホールで「Words of Love ~Let's talk about HIV/AIDS~」が開催。HIV/エイズ、梅毒など性感染症についてのライブ&トークセッションを行う。トークゲストは蒼井そらさん、今賀はるさん、岩室紳也さんらで、ライブゲストは「NO GENERATION GAPS(うじきつよしさんと佐々木亮介さん)。MCはお笑いコンビのライセンスが務める。

 3日目と最終日は「中野区産業振興センター」での映画上映やトークショーが中心。「満23/169/73」「始まりの駅」「売買ボーイズ」などの映画上映、「AV男優が語る性感染症と幸せなSEXについて」「HIV/AIDS診療現場における薬物使用者のプライマリケア」「MSMコミュニティへのアプローチ~日本とアジア~」などの勉強会、「ケニアのLGBTI難民の現状について」「日本のHIV/AIDSの『いま』を知る!~HIV陽性者のためのアンケート調査・結果報告会~」などの報告会を行うほか、同会場1階ロビーでは「OUT IN JAPAN」写真展も開く。

 最終日の19時からはクロージングイベントとして「私はワタシ~over the rainbow~」映画上映&トークを行う。会場は「なかのZERO」小ホール。トークイベントには漫画家の田亀源五郎さん、女優の東ちづるさん、同映画監督の増田玄樹さんが登壇する。

 開催時間や会場はイベントによって異なる。今月26日まで。

  • はてなブックマークに追加