3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

中野五差路に洋食デリバリー専門店 「ラーメン凪」の新業態、男の大ごちそう売りに

「洋食テンカウント」の拠点は中野五差路近くの「肉煮干し中華そば さいころ」2階

「洋食テンカウント」の拠点は中野五差路近くの「肉煮干し中華そば さいころ」2階

  • 542

  •  

 中野駅南口「中野五差路」交差点近くの「肉煮干し中華そば さいころ」2階に4月21日、洋食デリバリー専門店「洋食テンカウント」(中野区中野2、TEL 03-6304-8902)がオープンした。

(関連フォト)ジャンボチキンカツ2枚がついた「スタミナ野郎丼」

 2004(平成16)年から新宿を拠点に海外にも煮干ラーメン「ラーメン凪」などを展開する凪スピリッツ(新宿区西新宿7)。2018(平成30)年4月に「肉煮干し中華そば さいころ」を直営化し、2階を製麺などの拠点としていたが、新型コロナウイルスの影響でデリバリー事業での街の貢献を考え、同社のにぼし悠二郎さん(通称=ニボジロ)さんを中心に据え、1階「さいころ」の協力を得ながら洋食専門のデリバリー店を開始した。

[広告]

 洋食メニューは「ボリューム満点!男の大ごちそう」をキャッチコピーとしたご飯380グラムにチキンカツ2枚と温泉卵が付いた豚肉と鶏肉炒め丼「野郎丼」(880円)、豚肉と鶏肉と鶏皮ニンニク炒め丼「スタミナ野郎丼」(980円)のほか、「豚しょうが焼き丼」(730円)、ハンバーグやチキン南蛮などのおかずが2品選べる「ミックス丼」(880円)、「喫茶店のメガナポリタン」(800円)、中川翔子さんもツイッターで「オムライス、めっちゃおいしい。びっくりした!」(原文ママ)とつぶやいていた「洋食屋さんのオムライス」(730円)、「ヘビー級カレーライス」(630円)のほか、麺とコラボしニンニク増しや油増しもできる汁なしラーメン「豚パンチ」(850円)も用意する。

 デリバリーエリアと料金は、中野区内の中野2~5丁目と中央4~5丁目は「0円エリア」、中野1丁目と6丁目や中央2~3丁目、東中野2~3丁目、本町4~6丁目、野方1~2丁目、新井1~5丁目、上高田1~4丁目のほか、杉並区和田1~3丁目や高円寺南1~5丁目が「200円エリア」、そのほか「300円エリア」や「400円エリア」と「応相談エリア」がある。

 営業時間は11時30分~15時、18時~23時(22時以降はテークアウトのみ)。

Stay at Home