3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

中野駅前大盆踊り大会がオンライン開催へ 「盆ジョヴィ」DJセリーさんや中川翔子さんも

「盆ジョヴィ」DJセリーさん(左)やゲストの中川翔子さん(右)

「盆ジョヴィ」DJセリーさん(左)やゲストの中川翔子さん(右)

  • 176

  •  

 中野セントラルパーク(中野区中野4)地下1階カンファレンスで8月15日・16日、「中野駅前大盆踊り大会」が開催される。主催は中野区民謡連盟を中心とした実行委員会。

(関連フォト)昨年は中野セントラルパーク・パークアベニューで開催(写真は「盆ジョヴィ」DJセリーさんタイムの様子)

 2013(平成25)年に旧北口暫定広場(現在の中野駅北口暫定バスロータリー付近)で初開催した同イベント。バスロータリー整備のために中野サンプラザ前に会場を移したが、2017(平成29)年は北口暫定広場、2018(平成30)年は再度中野サンプラザ前、昨年は中野セントラルパーク・パークアベニューで開催し、8度目となる今年は新型コロナの影響もあり、初めて入場者数を限定して有料参加とし、中野セントラルパーク地下1階カンファレンスからインターネット配信を行う形で開催する。

[広告]

 同連盟役員、日本民踊鳳蝶(あげは)流家元で同イベント実行委員長の鳳蝶美成(あげはびじょう)さんらが中心となって、「中野ブランドの確立」「伝統文化の発展」「地域の活性化」「地域コミュニティーの推進」を趣旨とし、「盆踊りを通じて民謡や和楽器生演奏の良さを広く継承すること」を目的に開いている。中野区民歌謡こと通称「中野音頭」、オーソドックスな曲である「東京音頭」「炭坑節」などを三味線や太鼓、尺八を使った生演奏の中で踊るほか、2018年からDJ Celly(セリー)さんが始めた米ハードロックバンド「ボン・ジョヴィ」の名曲で踊る盆踊り「盆ジョヴィ」は、本家ボン・ジョヴィのツイッターアカウントがリツイートして話題となり、多くのテレビニュースで紹介され話題となった。

 今回は2日を通して、10時から、新型コロナウイルス感染症拡大防止の影響で発表の場を持てなかった民謡連盟などの卒業生らが日頃の練習の成果を発表する第1部、13時から中野区内などで行われる予定だった「チャンプルーフェスタ」や「高円寺阿波踊り」などを含む全国のお祭りを楽しめる第2部、17時から、伝統的な音楽の生演奏だけでなく、盆踊りとコラボするゲストが出演する、参加者や視聴者が一体となって盆踊りが楽しめるメインイベント第3部という構成。

 今回のゲストは、初日の開会式と17時からの第3部には地元のタレント・中川翔子さんが参加。中川さんは2015(平成27)年に「中野ブロードウェイ50周年記念館長」に就任するなど多くのメディアで中野ラブを公言している。2日目17時からの第3部メインイベントには3年連続で「盆ジョヴィ」DJ Cellyさんが参加する。鳳蝶美成さんは「コロナ禍で次々とイベント中止される中、少しでも日本文化や中野の夏を感じてもらえるイベントになれば。今年はこの様な限定開催にはなるが、中野区全域や日本、そして全世界の方が楽しんでもらえるよう頑張るので、ぜひこの2日間を楽しみにお待ちいただきたい」話す。

 イベント現地への参加は有料で、各部によって金額や特典、申し込み締め切りなどが異なる。屋外ちょうちんや有料CMなどの申し込みも専用ページから行える。インターネット配信による中継は無料で閲覧できる。

Stay at Home