見る・遊ぶ

男優劇団「スタジオライフ」が本拠地公演 役者1人で男性と女性の吸血鬼演じる

メインビジュアルは男バンパイアと女バンパイアを演じる松本慎也さん

メインビジュアルは男バンパイアと女バンパイアを演じる松本慎也さん

  • 22

  •  

 男優だけの劇団スタジオライフ(中野区松が丘1、TEL 03-5942-5067)が5月20日から、本拠地「ウエストエンドスタジオ」(新井5)で「VAMPIRE LEGENDS(ヴァンパイア・レジェンズ)」公演が始まる。

(関連フォト)キャスト陣(松本信也さん、山本芳樹さん、曽世海司さん)

 1998(平成10)年にジョゼフ・シェリダン・レ・ファニュ原作の「吸血鬼カーミラ」を、女性吸血鬼カーミラと彼女に引かれる人間の娘ローラを男性版に置き換えて同劇団が一度舞台化している同作品。今回はライフ版のゼーリヒとジョージの組み合わせに加えて、原作の通り女性バージョンの吸血鬼も具現化したいと考え、公演ごとに男バンパイア「ゼーリヒ」と女バンパイア「カーミラ」が交互に登場する形。男性吸血鬼と女性吸血鬼を演じるのは松本慎也さんで、「究極、性を超えたものになりたいと考えている」という。

[広告]

 キャストは、どちらも吸血鬼を演じる松本さんのほか、曽世海司さん(ジョージ/ジョージの父)、山本芳樹さん(ジョージの母/ローラ)、シュピールスドルフ役の緒方和也さん、ペロドン役の大村浩司さん、ラフォンテン役の伊藤清之さん。脚本・演出は倉田淳さん。

 同劇団の藤原啓児代表は「コロナ禍での芝居づくりは、いつもとは違うさまざまな課題があり模索が続いている。まず、感染を防ぐために密を回避しなければならない。客席間の密、舞台面と客席前列との密、舞台上の役者間の密、芝居の命の部分でもある密を取り除いての上演…この突き付けられた難題をどうするか。いっそのこと何か逆手に取る道はないものかと考えた結果、たどり着いたのが今回の『ヴァンパイア・レジェンズ』だった。コロナ禍でこその意味を問う作品としたい」と話す。

 公演時間は日によって異なる。チケット料金は、一般=6,500円、学生=3,000円、高校生以下=2,000円。「クラブライフ会員割引チケット」も用意する。公演時間はスタジオライフのホームページで確認できる。今月30日まで。

 同劇団は1985(昭和60)年に結成し、1987(昭和62)年から男優が女性役も演じる手法を取り、現在は男優約40人が在籍する。男優のみで構成されていることや、劇団唯一の女性で脚本・演出家の倉田さんの舞台演出で、幅広い年齢層の女性に人気を集める。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース