見る・遊ぶ

中野「ザ・ポケット」で動物の世界描いた舞台「天満月の猫」 オンラインチケットも

主演の米内佑希さん(左)とヒロインの今井瞳さん(右)

主演の米内佑希さん(左)とヒロインの今井瞳さん(右)

  • 202

  •  

 WITHYOU企画制作の舞台「天満月の猫(あまみづきのねこ)」が6月16日から5日間、小劇場エリア「ポケットスクエア」(中野3)内「ザ・ポケット」で上演される。

(関連フォト)「天満月の猫」ポスター(裏面)

 テレビアニメ「あんさんぶるスターズ」の仁兎なずな役や「ゾンビーズ」の主人公ゼッド役などで知られる人気声優の米内佑希さんが初主演を務める同舞台。キャストは米内さん、ヒロインには今井瞳さん、植村喜八郎さん、治平武広さん、「となりのトトロ」「天空の城ラピュタ」に参加の歌手・井上あずみさん、「みんなのうた」などの歌手でゆーゆさん、プロデューサーも兼ねる奥野裕介さん(WITHYOU)らのほか、「おジャ魔女どれみ」ララ役の高村めぐみさん、「ちびまる子ちゃん」ブー太郎役の永澤菜教さんら声優陣も参加する。脚本・演出は浅野泰徳さん(ジャングルベル・シアター)が、ダンサーは明音さん、河上莉音さん、高橋けいさんが、それぞれ務める。

[広告]

 ストーリーは、ある日、引っ越し中の飼い主の車の窓から逃げ出した飼い猫レグルスが天満町に迷い込み、偶然、とらわれ猫の雌猫・ミズキと運命的な出合いを果たす。一目で恋に落ちたレグルスは、天満町に住む猫たちや、都会に暮らすさまざまな動物たちと触れ合いながら、次第にたくましい大人の猫へと成長していくというもの。レグルスとミズキの恋の行方はやボス猫同士の争いの終着点も注目を集めそうな天満町に生きるさまざまな動物たちが織り成す笑いと感動のアニマルファンタジー。

 プロデューサーで、役者としても出演している奥野さんは「舞台は野良猫の世界を舞台に描かれているが、人間の世界の人種差別など社会問題を反映した物語となっている。コロナの影響で緊急事態宣言下だが、しっかりとコロナ対策しているので、ぜひ見に来てほしい。『WITHYOU』は中野で生まれ中野で育ったプロジェクト。野良猫の多い中野の活性化にもつながればうれしい」と話す。

 昼と夜の2部公演。チケットは5,500円~7,800円で、前売り・平日昼間割りや特典があるS席なども設定する。生配信チケットとして「コロナ支援チケット」なども用意する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース