見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

中野区障害者福祉会館にギャラリー開設-障がい者の作品展示や地域交流を支援

すでにいくつかのイベントが予定されている「アルモニー」

すでにいくつかのイベントが予定されている「アルモニー」

  • 0

  •  

 中野区障害者福祉会館(中野区沼袋2、TEL 03-3389-2171)1階に5月20日、障がい者が制作した絵画等や、地域の人の作品展示等を行うためのギャラリー「アルモニー」がオープンした。

ギャラリー「アルモニー」

 障がいのある人の芸術活動や地域交流等を支援し、これらの活動を通して障がいについての理解を促進することを目的とした同ギャラリーは、同区内の障がい者団体等に無償で貸し出す。面積は40平方メートルで、パネルの展示だけでなく、プロジェクターで投影する展示方法も可能。名称の「アルモニー」は「調和」を意味するフランス語。

[広告]

 現段階で決まっている展示会は、5月20日~6月6日「障害者福祉会館作品展」(主催=障害者福祉会館)、6月10日~27日「アール・ブリュット」(主催=社会福祉法人愛成会)、7月1日~11日「沼袋七夕展」(主催=沼袋区民活動センター)、7月14日~31日「2014年度 アートビリティ展」(主催=社会福祉法人東京コロニー)など。

 同会館の営業時間は9時30分~15時30分。土曜・日曜・祝日定休。

Stay at Home