天気予報

31

22

みん経トピックス

中野マルイが復活5周年祭中野区の経済四団体が新年会

エンタメ&マラソンイベント「中野ランフェス」申込期限迫る 参加者明らかに

エンタメ&マラソンイベント「中野ランフェス」申込期限迫る 参加者明らかに

駅伝スタートの様子(昨年)

写真を拡大 地図を拡大

 中野四季の森公園(中野区中野4)周辺で3月13日に開催される「中野ランニングフェスタ2016」の併設イベントや参加者・出演者らが徐々に明らかとなっている。

(昨年の様子)ドーム安田社長によるプロテイン餅つき

 「親子から高齢者までが楽しめるマラソン大会&エンターテインメントトショー」をコンセプトとし、健全なスポーツ活動の場を広く区民に提供し、健康の維持と体力の向上を図るとともに、地域住民相互の親睦を深め、青少年の健全な育成に寄与することを目的に開く同イベント。今回が3回目。

 昨年12月1日の参加者申し込み開始時には明らかとなっていなかった参加者や出演者も徐々に明らかとなってきている。

 1月19日時点でゲスト参加が決まっているのは、イベントの終盤にステージでミニライブを行う予定の中村あゆみさん、元バブルガムブラザーズのギタリスト土門秀明さん、TVアニメ「キテレツ大百科」のオープニングテーマ「すいみん不足」を歌っていたアサコさん率いるロックバンド「アサコバグース」、ボーカル村松ショータローさんとギター浅井誉司さんを中心としたユニット「HIGH ROLLER」、ウクレレシンガー・ソングライター「GAZZ(ガズ)」、中野サンモールでの弾き語りはもはや名物となっているシンガー・ソングライターさとうさおりさん、手の届くエンターテインメントをコンセプトに中野でもおなじみの「ナカナカノバンド」。

 ステージ以外には、地元の飲食店ブースやキッズブース、アンダーアーマー中野店前ではプロテイン餅つきなどを行うほか、早稲田大学チアリーダーズ「FALCONS」、早稲田大学男子チアリーディング「SHOCKERS」、キッズチアダンスチーム「Tiggers」が今年もアクロバティックなチアを披露、中野区内のゆるキャラも登場する。昨年は多数のオリンピアンが参加したが、今年も有名アスリートが参加予定で、決定次第順次ホームページに掲載するという。

 参加費と募集定員はそれぞれ、ラン10キロ=4,500円(高校生=4,000円、小中学生=3,500円)で1050人、ラン4キロ=4,000円(同=3,500円、同=3,000円)で750人、5人1組で参加の2キロ駅伝(レース部門)=2万円で120組、5人1組で参加の2キロ駅伝(エンジョイ部門)=2万円で120組、合計3600人を募集している。大会参加の特典として参加者全員にアンダーアーマー大会記念Tシャツを進呈する。小学生が対象のラン2キロ600人はすでに定員に達したため募集を終了している。

 中野ランニングフェスタ実行委員会の実行委員で東京アスレティッククラブの佐藤学さんは「走るだけじゃない中野ランフェス、家族や友だちと1日まるごと楽しんでほしい。もちろんランナーもまだまだ募集中」と参加を呼び掛ける。

 参加の申し込みは同イベント公式サイト、ランニングポータルサイト「ランネット」、東京アスレティッククラブフロントやアンダーアーマーランナーズハウス中野などの店舗で受け付けている。申し込み締め切りは1月24日。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

中野駅南口東側線路沿いに「宮城漁師酒場」 「漁師の熱意伝える酒場」目指す。(関連フォト)「宮城漁師酒場 魚谷屋」エントランス
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング