学ぶ・知る

東中野駅桜山通り路地裏にお酒のセレクトショップ 日本酒講座やイベントも

お酒のセレクトショップ「VINSY」外観と店主の真々部なりさん

お酒のセレクトショップ「VINSY」外観と店主の真々部なりさん

  •  
  •  

 お酒のセレクトショップ「VINSY(ヴィンジー)」(中野区東中野3、TEL 03-6876-8655)が1月14日、JR東中野駅西口桜山通りの路地裏にオープンした。

(関連フォト)「VINSY」店内で開催されている日本酒セミナー(過去開催時の様子)

 「つくり手の想(おも)いをつなぐ。」をコンセプトとした同店は、世界に十数人しか認定されていない「Sake Diploma International」の資格を持つ真々部なりさんが店主を務める。お酒に込められた造り手の思いやストーリーを伝えたいと、生産者を訪ねて感動した自然派ワインや日本酒、クラフトビールなどを販売するほか、飲食店や小売店向けの酒類コーディネートや、店舗内にある教室スペースでは毎月日本酒講座やイベントなどを開いている。

[広告]

 店頭では山形「グレープリパブリック」「イエローマジックワイナリー」や宮城「ファットリアアルフィオーレ」などの自然派ワイン、黒澤酒造・三千櫻酒造・森喜酒造(るみ子の酒)などの地酒、浅草橋クラフトビールカンパニーのビールなどを扱う。扱っているお酒は教室スペースで飲むこともできる。「いずれのお酒も、何度も生産者を訪ねて信頼関係を築いてきた思い入れのあるお酒ばかり。販売を委ねられた貴重なお酒、自信を持ってお届けする」と真々部さん。

 直近のイベントとして、2月3日には「ファットリアアルフィオーレの目黒さんを囲む会」、日本酒講座は10日・11日に「ティスティング道場~香り酵母編~」、23日に「ワインと楽しむハヤシコウ氏のイラスト講座」などを企画しているという。

 真々部さんは「ワインでシナジーを起こすという思いを込めてヴィンジーという店名にした。お酒は生産者からの預かり物、いつも造り手さんの思いを伝えるお店でありたい。併設の日本酒スクールは、学ぶ『オトナ』を応援する場でありたい」と話す。

 営業時間は14時~20時(金曜は15時~21時)。日曜はイベント開催のため酒販休業の場合が多い。

  • はてなブックマークに追加