天気予報

27

17

みん経トピックス

中野で「ママレンフェスタ」中野「桜巡り」バスツアー

中野ブロードウェイにセレクト眼鏡店 店主DIYで店作り、視力検査も

中野ブロードウェイにセレクト眼鏡店 店主DIYで店作り、視力検査も

商品と、店主自らがDIYで作った商品棚や壁

写真を拡大 地図を拡大

 中野ブロードウェイ(中野区中野5)4階北側階近くに1月27日、眼鏡のセレクトショップ「GILBERT EYEWEAR(ギルバートアイウェア)」がオープンした。

(関連フォト)中林さんと店舗外観

 同店は、大手眼鏡チェーン店で働いていた店主の中林健太郎さんが独立し、開業。「中野区民なので、憧れの中野ブロードウェイに自分の店を出したかった」という中林さん。アメリカ生まれのため「ギルバート」というミドルネームがあり、店名にしたという。「アメリカの街の眼鏡屋さんはこのような店名が多い。日本語だとギルバートさんの眼鏡屋さん、となりますね」と中林さん。

 店舗面積は約3.5坪。店の内装は、近くのホームセンターで購入した資材などを購入しながら中林さん一人で手がけ、約1カ月かけて完成したという。取り扱っているブランドは、「BJ CLASSIC」「EFFECTOR」「FACTORY900」「PARASITE」「Secret Remedy」「TOKYO HOLIDAYS」など。商品は男性向けが多いが、女性向けもある。中林さんは認定眼鏡士の資格を保有、その場で視力検査もできる。

 中林さんは「一般にはあまり知られていないブランドが多いが、各メーカーいろいろなところにこだわりを持っていてかっこよく、自分が自信を持っておすすめできるものばかりをセレクトした。中野ブロードウェイの4階の店は特にマニアックな商品を扱っているところが多いので、この店にもぜひ立ち寄ってみてほしい」と話す。「視力チェック、メガネのレンズ交換、フレームのメンテナンス、疲れ目や見え方、生活環境に合わせた度数設定など、気軽に相談してほしい」とも。

 営業時間は11時30分~20時。水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

なかのZEROプラネタリウムで大人向け天文教室開催へ 初代解説員が徹底解説。(関連フォト)講師は1972年に開館した当時解説員だった佐藤教仁さんが務める
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング