食べる

中野駅北口ふれあいロードにラーメン新店 濃厚魚介豚骨スープ、低加水麺売りに

店主お薦め「濃厚つけ麺(全部のせ)」

店主お薦め「濃厚つけ麺(全部のせ)」

  •  

 中野駅北口ふれあいロードに8月3日、「煮干しそば梵(そよぎ)」(中野区中野5、TEL 03-5942-4646)がオープンした。

(関連フォト)「煮干しそば梵」外観

 ラーメンに魅せられてサラリーマンをしながら独自でラーメンの研究を続けてきた店主が、小麦の力強さと歯応えにこだわった低加水のオリジナル麺、大量の豚骨を鶏ガラと共に加えて濃く炊いて煮干しとサバ節を加えたスープ、昔ながらの製法で作られた柴沼醤油(しょうゆ)醸造製のしょうゆを使ったかえしで完成させ、オープンにこぎ着けた。席数はカウンターのみ6席。店長は松本勉さんが務める。

[広告]

 メニューは「濃厚つけ麺」(850円)と「濃厚辛つけ麺」(900円)で、8月中にはラーメンメニューの「煮干しそば」(750円)と「濃厚煮干しそば」(800円)を追加予定。サイドメニューは「肉めし」(350円)、「ライス」(150円)、「缶ビール」(300円)など。

 店主は「縁あってこの地に店を構えた。中野は煮干しラーメン激戦区なので、早く自分の納得できる煮干しラーメンを完成させたい。オープンなどの周知はまったくしていないが、自分たちの作る濃厚な煮干しラーメンを一度食べに来てほしい。中野の人たち、そして中野を訪れた人たちに愛される店にしたい」と話す。「屋号は、物事の根本や原理を指したり、ものを載せる盆と同義だったりと概念的でありながら、おおらか、身近、そしてやわらかな韻であることも含め選んだ。中野ブロードウェイ内の占い師にもいくつかの案と共に相談した。素材や気持ちを込めて素直な料理を提供すること、そんな姿勢をしめす屋号でもある」とも。

 営業時間は11時~22時。