食べる

中野・野方駅北口「オルオルコーヒー」がナイトカフェとして復活 奄美の酒も

提供される奄美大島の黒糖焼酎など

提供される奄美大島の黒糖焼酎など

  •  
  •  

 西武新宿線野方駅北口の「‘Olu‘olu Coffee(オルオルコーヒー)」(中野区野方6、TEL 03-3338-6520)が9月21日、2年半ぶりにナイトカフェとしてリニューアルオープンした。

(関連フォト)「‘Olu‘olu Coffee(オルオルコーヒー)」外観

 2014(平成26)年3月1日にハワイアンカジュアルのアパレルを手掛ける店主の早川雅之さんがカフェとしてオープンした同店。当初は「こだわりのコーヒーと音楽、ハワイ&アジアンテイストのカフェ」というコンセプトだったが2017(平成29)年に一時閉店。約2年半ぶりに奄美大島の黒糖焼酎なども提供するナイトカフェとして復活した。席数はカウンター3席、テーブル10席。

[広告]

 フードメニューは、ラタトゥイユ、奄美の塩豚、パパイヤ漬け、無農薬生姜の自家製ジンジャーピクルスなど。ドリンクメニューは、自家焙煎(ばいせん)したブレンドコーヒー、生ビール、奄美の黒糖焼酎などのほか、自家製コーヒー焼酎も用意する。

 早川さんは「長らくお待たせしたが、ナイトカフェとして復活した。席数も間引き、地元の人たちにゆったりした空間を提供することに努める。コーヒーもお酒もこだわっているので、ぜひ自宅に帰る前の気持ちのリセットに使ってもらいたい」と話す。

 営業時間は18時~23時。月曜・木曜定休。

  • はてなブックマークに追加