食べる 暮らす・働く

中野ブロードウェイにインドカリー&マサラチャイ専門店 抹茶チャイやチャイプリンも

看板メニューの一つ「チキンマサラ」「ポークビンダルー」のダブルカリーライスプレート

看板メニューの一つ「チキンマサラ」「ポークビンダルー」のダブルカリーライスプレート

  • 0

  •  

 中野ブロードウェイ(中野区中野5)地下1階に1月27日、マサラカリー&マサラチャイ専門店「RAINBOWSPICE CAFE CHAI STALL(レインボウスパイス カフェ チャイ ストール)」(TEL 03-3318-9775)がオープンした。

(関連フォト)入り口には立川本店同様に戦闘機のウインドシールドがある

 同店は、独自ブレンドのスパイスや小麦粉不使用のカリー、自家製ヨーグルトなどにこだわった立川の人気マサラカリー専門店「レインボウスパイス」(立川市)の姉妹店で、昨年オープンした歌舞伎町「レインボウスパイス ダイナー」(歌舞伎町)に続いて3店舗目。席数はテーブル席20席。

[広告]

 ドリンクメニューは「スペシャリティマサラチャイ」(750円)、宇治「丸久小山園」の茶葉を使った「マサラ抹っチャイ」(800円)や「マサラほうじチャイ」(750円)、「ラッシー(プレーン)」(500円)、「ジンジャーマサララッシー」「ブラックマサララッシー」(以上650円)、「ハニーラッシー」(600円)などのほか、紅茶やミルクの配合、甘さ、入れるスパイスを客の好みに合わせることができるチャイのポットサービス「カスタムメイド マサラチャイ」(700円)も用意する。

 カリーメニューは「チキンマサラカリー」「チキンバターマサラカリー」(以上900円)、「スパイシーチキンマサラカリー」「スパイシーチキンバターマサラカリー」(以上1,000円)、「南インド風野菜マサラカリー」(900円)、「スパイシー野菜マサラカリー」(1,000円)、「ポークビンダルー ゴア風」(1,100円)、「スパイシーポークビンダルー」(1,200円)で、焼きチーズトッピング、サラダ、スープ、サブジなどのサイドメニューや、2種類のカリーが選べるプレートなども用意する。

 スイーツメニューは「特製マサラチャイプリン 黒糖シロップがけ」(550円)、「スパイシーマチェドニア」(600円)、「自家製ヨーグルト ジンジャーシロップ」(400円)を用意するほか、一口サイズの「プティフール」も準備中だという。

 店長の小川雅也さんは「カリーはもちろん、チャイも最高のものを出していきたい。場所柄、主婦の方から若者、外国人観光客まで客層が幅広いが、気軽に立ち寄ってほしい。店名にもカフェと付けたので、普通のカフェのようにも利用いただけたら」と話す。

 営業時間は11時~22時。同月31日まではオープン記念フェア開催。